東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

東京の夏は人工的に暑い

最近は全国的に夏は猛暑の日が多くなっていますが、東京では人工的な熱がこもるために、

夜になっても熱が冷めず夏の暑さはますます厳しいものになります。戦後の東京は経済的

利益ばかりを優先させて環境が作られてきましたから、自然を生かした人が暮らしやすい街

づくりはされていません。アスファルトやコンクリートは夏の暑さで熱せられ、自動車の熱なども

加わります。森林などが多いと日差しが強くてもかなり涼しいですが、都心のほうは木が少ない

地域が多いですし、また高層ビル建築がますます増えていますから、海からの風もさえぎり、風

通しを悪くしています。さらに暑いと当然エアコンの使用量が増えますから、たくさんの熱風が外

排出されることになります。、これらの人工的に作られた熱が夜になっても冷めず、熱帯夜が

続きます。日中は暑くても夜には涼しくなるのが自然ではないでしょうか東京がいくら大都会で

るとしても、もう少し自然のことを考えた、人や他の生き物にとっても快適な環境が作られてい

らば、もっとエネルギー的にも無駄のない、暮らしやすい都市を実現することは可能だった

のではいでしょうか。今からでも軌道修正していきたいものですね。

そうはいいましても、東京でバレエを習っている皆さんは暑いときは筋肉がよく伸びますから、スト

レッチが効果的に行えます。身体もよく動くと思います。寒い冬よりは怪我のリスクも少なくなりま

すし、バレエは屋内での運動ですから、適度にエアコンを使用すれば熱中症の心配もありません。

都会の暑さを逆手にとり、夏こそバレエのレッスンを頑張ってみませんか!?

東京の夏は人工的に暑い
東京の夏は人工的に暑いについてのページ
バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー