東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

豊洲市場移転問題

豊洲市場への移転は、新しい女性都知事が誕生してから、実に様々な問題が

明るみに出てきました。食を取り扱う場所にとって、当然あってはならない

事態が次々に浮上し、いかに政治において一般市民が何も知らされないまま、

物事が決められ、進められてしまっていたのか思い知らされる形となりました。

私たちは市場に出回っている様々な食品は、当然身体に害などもたらさないものが

売られていると思って、日常の食生活を営んでいますが、本当はそうではあり

ません。むしろ化学物質など本来身体に取り入れるようなものではないものが

添加物として入っていたりすることが多いのです。微量であってただちに健康を

害する危険はないとしても、人間は生きている間、毎日欠かさず食物を口にしな

ければ生きていけないのです。何十年か経過したとき、悪い病気にかかる原因は

そうした危険なものを含んだ食物を食べ続けたことが原因かもしれないのです。

因果関係がはっきりしないかぎり、公には「ただちに健康に害を及ぼすものでは

ない」として、悪いものとは認めません。ただし現在これだけガンにかかる人間

が増えていることを考えても、こうしたことに何かしらの原因があることは否定

できないのではないでしょうか。本当に人の身体、健康のことを第一に考えてたら、

まずありえない出来事が実際は行われてきたのです。経済的利益のことしか考え

ない人間が牛耳る世の中だからこそ、こうしたことが起こるのです。

空気も水も土も汚染されているような大都会で人間はひたすら経済的利益のみを

追い求め腐敗と堕落の道を進んでしまった、そして今や自分たちの首を絞めている

のです。

豊洲市場移転問題
豊洲市場移転問題についてのページ
バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー