東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

アティテュードのポーズ

バーレッスンも中盤にきますと、脚の動きは徐々に床の上から離れて、上に上げる

動きへと進行していきます。皆さんも舞台で踊るバレリーナの様々なポーズを見た

ことがあると思いますが、脚を高々と上げるという印象を持っている方が多いので

はないでしょうか。大人の初心者の方は無理して脚を高く上げようとすることは避

けてください。正しい腰で行わないかぎり、それは間違ったやり方になります。せ

っかくバレエを習っているのですから、自己流の物真似はやめ、正しい基礎が身に

付くやり方をしてください。まずバーにつかまりアティテュードの形をとる練習を

してみましょう。パッセの形から、つま先を軸足から話して前方に膝を曲げたまま

で少し上げた位置まで持ってきます。ポイントは膝が横を向いていることと、左右

の骨盤、肩が水平であるということです。低い位置でよいので、この形がとれるよ

うにやってみましょう。後方向のアティテュードは少し胸を前に出し、パッセから

後へ膝を持上げるような形に持っていきます。この時も膝は横を向いており、お尻

を脚で抱え込むような形をとります。横のアティテュードはパッセから膝を垂直に

上に持上げかかとは軸足から離します。いずれの方向も肩と骨盤が水平になるよう

に注意しながら練習してみましょう。

 

アティテュードのポーズ
アティテュードのポーズについてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー