東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

重心がどこにのっているか意識しよう

バレエは脚を外旋させて立ったり、片脚で立ったりしなければならず、日常のふつう

に立ったり、歩いたりするときとは全く異なる意識で動きませんと、バランスもとれ

ず何もできません。まず立っているとき、重心をどこに乗せるのかをはっきり意識し

てみましょう。両脚で立つ場合は骨盤の真中あたりでよいですが、難しいのは片脚で

立つときです。片脚で立つときは軸脚となるほうの脚の付け根あたりに重心をのせる

ように意識します。なるべく重心は沈まないよう、腰の位置が高くなるよう、上体も

ひきあげてたちます。軸脚をしっかり決めたうえで軸脚に対してあげるほうの脚の付

け根の位置を正確にきめるようにします。たとえば右脚でたって、左の脚を上げる場

合は右脚の付け根あたりに重心をのせ、右脚の付け根に対して左脚の付け根の位置を

決めます。自分の股関節の開き具合い応じて調節しながらやってみましょう。ターン

アウトがとれていないと、なかなかきれいなポーズをとることは難しいですが、少し

ずつ訓練を重ねていけば、必ず改善していきます。またどこをどう意識して動くかで

上達の仕方も違ってきますので、試行錯誤を繰り返しながら挑戦してみてください。

重心がどこにのっているか意識しよう
重心がどこにのっているか意識しようについてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー