東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

クッペ、パッセのとり方

バレエの足の形でクッペというものがあります。1番か5番から片方の足のひざを少し曲げ

足の裏をはがし、つま先はのばした形で床から少し持上げた形です。5番の場合は前のクッ

ペと後のクッペがあります。バレエで足を動かすときはタンデュやデガジェで足の裏で床を

こすって脚を出していくやり方とクッペに持ち上げた形から脚を伸ばすやり方があります。

クッペから脚を伸ばすのはより難易度は高いといえます。人間の足は自然にしていますと、

内側に沿ってしまいますが、バレエでは内側に沿った足はタブーです。クッペするときも

必ずかかとが前におきた形をとらなければなりません。かかとを前にすると、足がつりそう

になってしまうこともあると思いますが、無理をしないよう、鏡で横からの足のポジショ

を見ながらやってみてください。クッペの位置からさらにつま先をひざのあたりまで引き

げますとこれがパッセです。フランス派ではルティレともいいます。こちらの形もかかと

前になっていて、なおかつ膝は横を向いていなければなりません。これも股関節が開いて

ないと正しい形をとるのは難しいですが、初心者の皆さんは無理のないよう、今自分の身

の状態で可能なところで、まずはクッペとパッセ、このふたつの形ができるだけ正しく取れ

るよう練習してみましょう。

クッペ、パッセのとり方
クッペ、パッセのとり方についてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー