東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

デガジェとは

バーレッスンでタンデュの次に行うのがデガジェです。ロシア派ではジュッテと

よばれています。これはタンデュで床の上まで伸ばしたつま先をさらに引っ張り

床から少し上げるという動きです。床から上げる分だけ、より勢いが必要ですし、

空中で脚を引っ張った状態に保つため筋力がいります。この動きもバレエのステ

ップを行う際の基本中の基本です。これは脚を高く上げる必要はありませが、脚

の向きとラインが正しいかがポイントです。バレエは5つの足のポジションから

動きますから、前方向に脚をのばすときは膝は横向き、横方向に伸ばすときは膝

は上向き、後方向に伸ばすときはひざは横向きになっています。またつま先も内

足にならないようまっすぐの方向にのばすようにします。いずれの場合も脚はひ

ざとつま先がしっかり伸びていなければなりません。床から離れたときにきれい

な脚のラインが見えているかが問題です。1番や5番から足を出していく際に床

を足の裏で十分こすれるかがポイントとなります。

デガジェとは
デガジェとはについてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー