東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

プリエするとき、土踏まずに注意

バレエのポジションでプリエをするとき、骨盤や膝の方向、背中の引き上げなど、

いろいろ気を配りながら行わなければなりませんが、足の裏にもきわめて重要な

ポイントがあります。まだあまり股関節が開かないのに無理に足を外に開こうと

しながらプリエをしますと、足の裏が前方向に倒れた状態になり、土踏まずが

落ちてしまいます。この状態で長期間レッスンを続けますと、外反母趾など、

足に重大な欠陥をもたらすことになります。プリエするときは必ず土踏まずが

引きあがった状態でするように注意して下さい。股関節の開きと膝の開き、足先

の開きはすべて同一の方向になるうよう動きます。股関節が開かないのに膝や足先

だけ180度も開こうとして動きますと、身体に故障をきたすことになります。

今、自分の身体の状態に応じて最大限に正しい動きで行えるよう、集中してレッスン

を受けましょう。

プリエするとき、土踏まずに注意
プリエするとき、土踏まずに注意についてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー