東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

怪我の防止には

バレエのレッスンを続けていると、初心者の皆さんでも、どこかしら痛いところが出て

きたりします。レッスン中に無理な力がかかっていないか、緊張して身体が固まって

いないか自分でも注意しながら動く様にしましょう。レッスンが始まる前のストレッチ、

そして終わったあとのストレッチはなるべく行なうようにします。ストレッチもやり方に

よっては身体を傷めますので、脚をもっと開きたいがために無理な力を加えるといった

ようなやり方はせず、リラックスして呼吸しながら筋肉をゆっくり伸ばすようにして下さい。

レッスン中のウエアは、腰や脚の部分に関してはタイツ1枚といった薄着より、上から

重ねて何か身に着けるなどして、部分的に暖めるようにして動いたほうが、怪我の防止

になります。特に寒い時期の薄着は危険ですので、注意してください。レッスンを受けた

日は、お風呂に入り、お湯につかると疲れがとれます。少しぐらいの痛みなら、市販の

湿布薬を使うなどして、様子をみながらレッスンを続けていっても大丈夫だと思います。

レッスンはサボり過ぎても頑張り過ぎても故障の原因になることがありますので、ご自分

にとっての適度なペースをつかんで長く継続できるようにしていってください。

怪我の防止には
怪我の防止にはについてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー