東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

身体を傷めないようバレエを続ける

バレエを習い始めて、今まで使ったことのないような筋肉を使い、1時間以上も動いて

いなければならないとなりますと、やはり初心者の方にはかなりハードな運動になる

かと思います。バレエではポジションをとって立つだけで大変なことですから、ひとつの

動きが終わったら、いったん身体を緩めてリラックスさせるということを必ずするように

しましょう。バレエで傷めやすいのは腰、股関節、膝、足首などですが、首や肩、背中な

どを傷める場合もあります。レッスンでは同じ個所にずっと負担がかからないように、動き

の組み合わせなども考えて作られています。受講者の方も力みすぎず、ポイントになると

ころを押さえて、自分の身体の状態と相談しながら動くことも大切です。今、自分の身体で

とれるポジション、動きの許容範囲を把握して動いたほうがよいでしょう。たとえば完璧に

なしたいがために、自分の身体能力を超えたところで頑張りすぎますと、身体を傷めます。

傷めてしまうと、レッスンが続けられなくなりますから注意して下さい。

身体を傷めないようバレエを続ける
身体を傷めないようバレエを続けるについてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー