東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

プリエするときにも上体の力が必要

プリエで膝を曲げていくとき、やはり全体の姿勢をまっすぐきれいに保ちながら行うことが重要です。

背中と腰がまっすぐの姿勢です。まっすぐをキープして膝を曲げていきましょう。

これはなかなたいへんなことです。腹筋と背筋の力がいります。脚の力だけで動こうとしますと、

脚にばかり力がかかり、上体は前傾していきます。足腰を正しく動かすには上体の力も同じように

必要なのです。上体に力が入りますと、今度は息をつめてしまいます。呼吸することを意識しながら

動いてみましょう。そうすると、かなり動くことが楽になります。プリエのときは、膝を曲げて下に

下がっていくときは息を吐きます。膝を伸ばしてくるとき、体が上にあがってくるときには息を吸うように

しましょう。そして何よりも音楽を感じながら動きます。動くことに精いっぱいで音楽など耳に入らない

という方もいらっしゃるかもしれませんが、バレエは音が身体に入ってくることにより動くことができるのです。

最初からいろいろなことに気を配りながら動くことはできません。最初は自分なりにまっすぐの姿勢を

なるべく保ちながら、音楽に合わせて呼吸し、音楽が表現していることに自分の気持ちを同化させながら

動いてみましょう。楽しいと思いながら動くことがたいせつです。

プリエするときにも上体の力が必要
プリエするときにも上体の力が必要についてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー