東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

プリエをするときの注意点

バーレッスンで最初に行うのがプリエです。膝の曲げ伸ばしを行いますが、バレエの5つのポジションを

とったうえでの屈伸です。股関節がまた固いときは、見た目の形にこだわって無理やりつま先やひざを

外に向けてプリエをしようとすると、脚をいためたりします。まず自分の今の股関節の開き具合をしっかり

認識したうえでやるようにします。腰をまっすぐにした状態で足先が開ける角度をとります。プリエで膝を

曲げていくときは必ずつま先と同じ方向に曲げましょう。股関節の開く角度と膝の開く角度、つま先の開く

角度が一致するようにします。ただし太ももの内側が前に倒れてこないように、外側に起こすようにして

膝を曲げていきましょう。足の裏は全体が床に対して水平についているようにします。特に土踏まずが

引きあがっているかを気を付けましょう。バレエを踊るときは動きの始まりも終わりもプリエ(ドゥミプリエ)

です。プリエが正しくできないと、すべてのステップにおいて正しく動くことができません。

 

プリエをするときの注意点
プリエをするときの注意点についてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー