東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

最初のうちは両手バー

バレエを始めたばかりのときは、バーレッスンも両手でつかまって行ったほうがよいと思います。

スタジオパドシャの入門Aクラスではバーレッスンは両手でつかまって行っています。

足を開いてまっすぐの姿勢を保つことも容易なことではありません。両手でしっかりつかまり

左右の肩や左右の腰が水平になるように注意しながら脚を動かすようにしましょう。そして

なるべく体全体が下に沈まないよう、上半身を引き上げて背を高くみせるような感覚で立ちましょう。

両手でつかまったときはひじは少し外側に張るようにして、ひじが下に落ちないようにします。

そうすると肩甲骨のあたりに力がはいりますが、そこがポイントです。

バレエのレッスンは同じ動きを右と左で2回行いますが、右側を行うときも左側を行うときも

上半身の姿勢がなるべく変わらないように注意しながら動いてみてください。スタジオでは

鏡でご自分の姿勢を見ながら出来ますから、ゆとりが出てきたら、チェックしてみて下さい。

まずは両手バーでつかまりまっすぐ立つ感覚をつかんでみましょう。

 

最初のうちは両手バー
最初のうちは両手バーについてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー