東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

痛いところが出てきた時の対処のしかた

バレエのレッスンを続けていると、日常生活では使わない筋肉や関節をたくさん

動かし、少し痛みを感じるところが出てくることがあります。痛みが強く動けない

時はやはりしばらくレッスンを休まなければなりませんが、ある程度回復してきたら、

レッスンに出てきても大丈夫です。その場合、痛い部分は無理して使わず、無理の

ない動きだけ行なうなどして、痛めたところに負担がかからないようにしてレッスン

を受けてください。動かせるところは動かすようにしていかないと、すぐに筋力は弱

っていきますので、うまく調整して身体を動かすようにしてください。

怪我などして長期間休んだあとにレッスンに復帰する場合も、まずバーレッスンだけ

行い、途中で抜けるという受講のしかたでも大丈夫です。少しずつ慣らしていくように

することが大事です。

早く上達したいと思って頑張りすぎると逆に怪我したりしますので、少しずつ身体に負

担のかからないペースでレッスンを継続できるようにしていきましょう。

痛いところが出てきた時の対処のしかた
痛いところが出てきた時の対処のしかたについてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー