東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

バレエの動きはパ(pas)で構成されている

バレエのバーレッスンでは基本的な脚のポジションや足使いの訓練をしますが、センター

レッスンではそれらに基づいてパ(またはステップ)(pas, step)の練習をします。バレエの

動きの最小単位はこのパとよばれるものです。このパは、音楽と密接に結び付いたもので

あり、音楽のリズムに同調します。パを組み合わせて一連の動きを作ります。まずひとつひ

とつのパを正しくきれいに動けるように練習しましょう。ただし、音楽を無視して運動だけし

も意味がありません。レッスンのときも音楽を使って動くことが重要です。パを組み合わせて

動くようになりますと、いよいよ踊りの要素が入ってきますが、その際は脚の動きに基づいて、

上体、腕、頭の動きも同調させることが必要となってきます。上手にきれいに踊るには、やはり

センスが必要なのですが、初心者の皆さんは、多少不格好だと思えても練習ですから、まずは

思ったように動いてみてください。これも繰り返し練習することでそれなりに改善はされていきま

す。踊るさいには自分の感覚がとても大切です。頭で考えていてばかりでは動けません。美しい

バレリーナのきれいな動きをイメージして下さい。

バレエの動きはパ(pas)で構成されている
バレエの動きはパ(pas)で構成されているについてのページ

バレエ初心者
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー