東京都中野区 大人の初心者バレエ教室【スタジオパドシャ】

バレエのレッスンは日常使わない筋肉を使う

バレエで使う筋肉は普段の生活や他のスポーツで使われるのとは違う筋肉が使われます。

身体の表面の筋肉ではなく、深層部の筋肉を使います。バレエでは脚を日常では考えられないほど

多彩に使わなくてはなりません。脚のラインが常にきれいに出るとともに機能的に正しく動ける脚を

作る必要がありますから、レッスンはそのための訓練です。足の訓練には非常にたくさんの時間が

いります。手や腕はもともとが器用に動きますから、わりと誰でも思い通りに動かすことができます。

しかし脚はそうはいきません。地道な訓練を長期間にわたって継続しませんと効果はなかなかあらわ

れません。脚も外側の筋肉より内側の筋肉を使います。バレエダンサーは細くてきれいな脚であると同時に

強靭な筋肉のある脚を作らなければなりません。見た目の美しさと運動する際の筋肉の強さを同時に持って 

いなければならないのです。大人からバレエを始める方にとっても、バレエのレッスンを継続することで、

脚のラインをきれいにすると同時に脚の筋肉の衰えを防ぐという2つの効果を同時に期待できます。

レッスンを何年も継続することができれば、そうしたことも可能になるのです。

バレエのレッスンは日常使わない筋肉を使う
バレエのレッスンは日常使わない筋肉を使うについてのページ

大人バレエ
▼記事一覧▼

カテゴリ一覧

バレエ教室が初めての方へ
バレエ教室スタジオパドシャの会員の方へ
スタッフ募集
メニュー